1/1

【2022/3/12】子どもへのCBTは今後どうなっていくのか?122ページ!

子どもへのCBTは、今後どうなっていくのか?312.pdf

¥1,000 税込

ダウンロード販売の商品
購入後にDL出来ます (46134211バイト)

シリーズオンラインセミナー(幼児期から思春期までの認知行動療法 最終回)
『子どもへのCBTは、今後どうなっていくのか?』
講師:久我弘典(国立精神・神経医療研究センター 認知行動療法センター長)

認知行動療法は、子どもへの効果も研究されており、子どもの心理的支援・子育て支援等に関わる専門職としては、知っておくべき知識・技法となりました。


今回は、2021年度オンラインセミナーシリーズの締めくくりとして、久我弘典先生(国立精神・神経医療研究センター認知行動療法センター長)にご講演いただきます。

・政策や、その動向(子どもの政策は限られている)
・他職種との連携
・公認心理師法と認知行動療法の関連
・地域の仕組みや、リソースの活用の仕方についての提言(教育と医療の現場をどうつなぐか)
・社会的実装までの課題
・個人の臨床家として、認知行動療法を実装すること

等の内容を含む予定です。

【セミナーへのお申し込みはこちら】
https://cbt-f.peatix.com/

  • お支払い方法について

¥1,000 税込

最近チェックした商品
    その他の商品